中古マンションの購入をしました。

私は家族で賃貸マンションで暮らしていました。私の家族は妻と小学生の娘がいます。私たちが借りていた賃貸マンションは、2dkの間取りの部屋でしたので、娘には自分の部屋を持たせてあげられ無い状態でした。私は妻と話をして娘のためにも、中古マンションの購入したいと考えていました。私はネットを利用して会社に通勤出来る範囲で、金額的にも合う中古マンションの物件を探していました。そして私たちの購入計画に合った物件を見つけました。私はネットで見つけた中古マンションを管理している不動産会社に連絡をして、見学をさせてもらいました。私は妻と二人で不動産会社方に案内されて、見学をして来ました。見学した中古マンションは築21年の物件でしたが、とても外観は綺麗でした。茶色のタイル張りのマンションで、とても高級感がありました。玄関ホールもとても綺麗で、広い空間になっていました。そして部屋のドアはオートロックで防犯も問題なく感じました。私たちが見学した中古マンションの間取りは、3ldkのものでしたが、とてもリビングは広くて、明るく造られていました。そして洋室が三部屋有り、どの部屋にも大きなクローゼットが付いていて、収納は充実していました。私と妻は見学したこちらの中古マンションの物件が、とても気に入りました。そして一週間ほど購入資金などを検討して、見学した物件の購入を決めました。私たちが購入を決めた中古マンションは、とても販売金額は安いと感じましたし、会社への通勤もとても便利だと感じました。私は管理している不動産会社と、中古マンションの売買契約をしました。私は購入資金は少し不足していましたので、不足分は銀行から住宅ローンの融資を受けて購入をしました。私たち家族は購入した中古マンションに引越しをしました。娘は自分の部屋が持てて、とても喜んでくれています。私と妻は自分たちのマンションが持てた事にとても感激をしています。これからも家族で楽しく明るく暮らして行こうと感じています。

不動産業者に賃貸住宅探しを依頼

賃貸物件をさがすのって時間も手間もお金もかかりますよね。もし家さがしを専門家が代行してくれたらって考えたことはありませんか。実はそのようなプロがいるらしいのです。主に宅建主任者や一級建築士、司法書士が市場調査したのち希望条件に沿う物件を選んでレポートを提供してくれるそうです。また物件への案内や賃貸契約書のチェック、交渉から契約の立会までしてくれるというのですから助かりますね。不動産会社の信用度調査などは素人ではわからない世界ですので大変興味深いです。
住まいは自分で納得いくまで探したいと考える人は多く、インターネットを使って物件情報を集めたり、様々な会社や地域を周るという方法は一般的なものだと考えられています。しかしながら専門知識を持った人に自分の要望を伝えて物件を精査し選んでもらうという方法もあります。それがいわゆる仲介物件を探すという方法です。要は不動産業者に物件探しを依頼するもので、探すだけでなく実際見つけた住宅物件案内したり価格交渉まで請け負ってくれることが大半です。煩雑な契約手続きや現地に立ちあって行う必要がある引き渡し手続き、代金決算に関しても行ってくれますから、時間と手間がかからないというメリットもあります。不動産の仲介物件には他にもメリットがあり、住宅以外の税金や法律などに関する知識を豊富に持つ人間がこの仲介を担当することがほとんであることからも、不安があればすぐに相談したり、安心して一任することができるというメリットもあるのです。
仲介と聞くと、無駄にお金を取られるというイメージが先行し、あまり良い印象はありません。不動産屋さんで賃貸物件を借りた時に、入口のノボリに仲介手数料半額と書いてあったのですが、今になってよく考えてみると、そもそも仲介手数料の相場すら知らないので、半額になった金額が本来の料金なのではないかという気がしてなりません。当時は若かったですし、引越しも初めてのことだったので、特に疑問も持たずに言われるがままに契約をしてしまったのですが、もし今後賃貸物件を借りるとしたら、こういった点にも気を付けて契約をしなければならないと思いました。

Copyright ©All rights reserved.仲介手数料無料の賃貸不動産.