お金を返せなくなった場合に不動産は競売にかけられます。

不動産業とひと口に言っても、その業務の内容はマンションなどの販売から、賃貸住宅の仲介業務まで様々な仕事があります。そこで、どちらの方がお勧めかと言うと、それは本人の性格で向き不向きと言うものもあり、一概には言えませんが、ここで両者の特徴を簡単に説明します。まず、マンションの販売や土地や建物の販売は、能力によってかなりの開きがあり、販売に自信のある方は、こちらの方が確実に高収入を得られます。不動産業には、宅地建物取引主任者という資格がありますが、この資格は長く続ける上では取得しておいた方が得ですが、しかし、この販売を目的とした業務に関しては、免許を有する社員よりも、成績をあげる社員の方が給料は高く、宅地建物取引主任者の資格のない社員もかなりいます。また、資格を得ていても成績のあがらない社員は、最終的に解雇されることも多く、常に実績が求められる仕事です。それに対して、賃貸関係の仕事は、成績にあまり影響されにくく、ある程度、地道で安定した仕事で、長い年月をかけ責任者になっていくのが通常です。その為、賃貸の業務についてはできるだけ早いうちに宅地建物取引主任者の資格を得ることが大切です。また、賃貸を担当する場合は、販売のような高収入を得ることはあまり望めません。宅地建物取引主任者は、賃貸や不動産の販売などの契約書や重要事項説明書の作成をする上で必ず必要な資格で、また契約の際には必ず宅地建物取引主任者が立ち会って、重要事項説明書の説明をしなければなりません。この為、賃貸関係の仕事で、収入をあげる為には全ての業務を行うことが出来なければ、責任者となることは難しく、収入のUPにも繋がりません。しかし、接客の対応に問題が無ければ、販売のように成績を求められる仕事とは違って、安定して職場を確保できる仕事です。また、高額なマンションや土地取引とは違い、賃貸の仲介業務の方が契約書や重要事項の説明書を作る際のリスクも少なく、不動産業の中ではとても手堅い分野です。

理想を明確に

地域の指定や間取り、外せない条件などを提示すれば具体的なモデル案については不動産業者の方から提示してくれますから、まずは自分の理想をはっきりさせることが仲介を利用する為の第一歩と言えます。そこから細かいところをゆっくりと詰めていくのが良い策だと言えるでしょう。

Copyright ©All rights reserved.仲介手数料無料の賃貸不動産.