不動産業の仕事の中でも、賃貸は着実な仕事です。

一戸建てやマンションなどの不動産を購入する場合、銀行などからお金を借りて購入することがほとんどです。そのような場合、購入した不動産には銀行による抵当権が設定されます。抵当権が設定されている不動産は、お金の借り手が病気や不況、リストラ、倒産などの事情によりお金を返せなくなった場合に、お金の回収手段として競売や任意売却にかけられます。このように抵当権が設定された物件の競売は担保不動産競売と呼ばれます。抵当権の担保権者である債権者が対象不動産を管轄する地方裁判所に競売を申し立てることから不動産競売は始まります。申し立てを受けた地方裁判所の執行官は対象不動産を査定して最低売却価格を決定します。それから数ヶ月後に、2週間から1ヶ月の間で期間入札が行われます。個人、法人にかかわらず、保証金を裁判所に払いさえすれば、入札には誰でも参加できます。期間内に誰からも入札がなかった場合には特別入札となります。特別入札では先着順に落札者が決まります。それでも入札者が現れなかった場合は査定をやり直し、最低売却価格を下げて再度、入札が行われます。債務者の立場からすると、競売で不動産を売買すると相場より2、3割安く落札するのが普通であり、多くの場合に債務金額には足りず、十分な返済金が得られないデメリットがあります。しかし、競売の手続きはすべて裁判所がやってくれるために、債務者は何もしなくてもよいメリットがあります。入札者の立場からすると、多くの場合、入札の前には物件の内部を見ることもできませんし、業者を通して十分な説明を受けることもできません。そのために現状報告書と実際の物件が相違するリスクがあります。相場よりも安く不動産を入手できるメリットはありますが、現状渡しのために後で構造上の欠陥が見つかってもその修復にかかった費用は自分で負担しなければならないデメリットがあります。また、前の住民がそのまま居座ることもあり、立ち退きのためにそれなりの費用がかかることもあります。

仲介手数料無料の意外な落とし穴

業界全体においても、こうした仲介手数料無料であることは、とても大きな価値があります。魅力的な物件を安い価格で借りることが出来ることは、とても大きな価値があります。たくさんの人に、こうした物件は利用されていますし、こうした物件を借りたいのであれば、物件のこともチェックしていく必要性があります。手数料が無料でも、他で費用がかかってしまうこともあるので、注意が必要になります。きちんと注意を行っていくことは、とても大切です。手数料無料であることは、色々な要因が考えられます。物件の詳細なども、きちんと確認しておくことが必要になります。物件は、たくさんの人に利用されていくものであり、とても多くのサービスがあります。手数料が無料であることによって、たくさんの人に注目してもらえる物件にすることが出来ます。

Copyright ©All rights reserved.仲介手数料無料の賃貸不動産.